イタリア食材 エルシーアイ

エキストラヴァージンオリーブオイル 【BIO オーガニックDOP】 500ml

エキストラヴァージンオリーブオイル 【BIO オーガニックDOP】 500ml

販売価格: 3,800円(税別)

この商品は軽減税率の対象です。

ケース単位の注文は、受注発注で受け付けます。

商品詳細

BIO オーガニック製法で作るDOPタイプです。

Accademia Olearia L’olio extravergine di oliva Bio D.O.P. 

 D.O.P(イタリアにおける原産地名称保護制度)とBIO(有機農法)の共に認可を受けているオリーブオイル。 

アーティチョークのような少しほろ苦さも感じる風味と、新鮮なオリーブのフルーティーさを感じるオイルです。

サルデーニャ島で、オリーブオイル造りを手掛けるフォイス一家、アカデミア・オレアリア。

  

フレッシュな香りとオリーブの栄養素ポリフェノールが豊富

その秘密は、

 収穫の時期: 熟成半ばのタイミングに行います! 収穫は11月から始まり、1月末まで続きます。

 収量(搾られる油量)は完熟を待つよりも少ないので、大変貴重なオリーブオイルが得られます。

 

健康なオリーブで 欠陥のない、オリーブオイル 

その秘密は、

1.畑で収穫してから、12時間以内に搾油!

  収穫は実が中程度に色づいた頃に地面に落とさず、機械を利用して木から直接採取します。

  傷が付きにくく健康な状態で搾油することが可能になります。

2.連続方式の近代搾油機を使用!

  雑菌の入らない、酸化しない完全な環境で作ります

3.27℃未満の低温で圧搾!(コールドプレス)

4.保存はステンレスタンクに窒素を利用して酸化から守られた状態で温度管理されます。

アーティチョークの香り 

これは品種『ボザーナ 』の特性です。

一般的に分類すると 中〜上程度の強さです。

後味に苦味や辛味をバランスよく感じる!

なので、こんな使い方がお勧めです。

 ◇茄子やズッキーニ、パプリカの焼き野菜

 ◇白身魚のグリルはお醤油でなくて、塩レモンとこのオリーブオイルで!

 ◇お豆(白いんげんやグリーンピース、ひよこ豆)のスープをお皿に盛り付け後、上から掛けて!

 ◇マグロのお刺身の炙り焼き

 ◇エビやいかの塩焼き

 ※火に掛けずにそのままで味わってください。 

お料理の味わいに深みが増します!

地元のお料理では、

◇郷土料理の子豚の丸焼き

◇海沿いではアラゴスタ(伊勢海老)、カラスミ、ウニが豊富に採れますので、こういった郷土料理には欠かせません。 

  

アルゲーロの自然に共存するのはワインだけではない、私達のオリーブも地中海の恩恵を受け、
ほら、オリーブたちの喜びの歌がきこえるでしょう?
 
 
 

 ◆ 生産者 アカデミアオレアリア について ◆

サルデーニャ島のアルゲーロにある「アカデミア・オレアリア」

ボザーナ品種を主にサルデーニャの土着品種を栽培しております。

ジュゼッペ・フォイスは今や200ヘクタールの畑を所有しておりますが、自ら栽培したオリーブを収穫して、自社の搾油場で、品質管理を完備した中でエキストラヴァージン・オリーブオイルを

作っています。太陽光を活かしたエネルギーの有効活用など、サステナビリティの考えをもつ生産者です。

アルゲーロの街はその昔スペインのカタルーニャに占領されたことがあり、今でも道の標識がカタルーニャ語とイタリア語の2つ言語で併記されています。海沿いの港町ですが、ヨットハーバーがとても素敵で、要塞から望む夕日は本当に美しいです。街の中心は旧市街です。そこには外れのないサルデーニャ料理を満喫できるレストランが沢山あります。
多くのレストランのテーブルには、このアカデミアオレアリアのオリーブオイルが置かれているのに気づきます。地元に愛される昔から続くオリーブ農家であり、オリーブオイルの生産者なのです。
 
地元の人からも愛されるアカデミアオレアリアのオリーブオイルを是非味わってみてください。

 

accademiaolearia

!! 数々の受賞 !! 

第20回コンクール『ELCORE ORIVARIO』 第1位   

第4回コンクール 『ORCIOLO D'ORO』 第1位  

第11回コンクール『TRICOLLE』 単一品種フルッタートMEDIO 部門

BIOLインターナショナル2020 オーガニックオリーブオイルコンクールにて EXTRA GOLD 金賞!

 

サルデーニャ州(サッサリ)のオリーブオイル鑑定の権威 ONAOO が認める高品質オリーブオイル。

◇◆◇料理王国 5月号『パンとオリーブオイルと。』に掲載!◇◆◇

   ◇◆◇ イタリア好き サルデーニャ州特集に掲載! ◇◆◇